冷たいものが食べられない・・・知覚過敏のつらみ

未分類

こんにちは、真夜です。

 

甘い食べ物、冷たい飲み物って美味しいですよね。

特に最近は少しずつ暑くなってきているので、特に冷たいものが恋しいです。

 

しかし!!!!!!!

そんな楽しみを奪う恐ろしい病気があるのです。

 

それが知覚過敏!!!

(・・・知覚過敏って「病気」でいいんですかね)

治す方法が分からない

俺の知覚過敏は歯茎の下がりすぎが原因で、歯茎って自力で戻せないんですよ。

歯茎に何かを注射して戻す方法はあるんですが、歯茎に入れたものが体に吸収されてしまうので永続性はないみたいです。

 

予防はできても治療はできない、意外と恐ろしい知覚過敏

 

歯医者には何回か行きました。

そこで染みないように薬を塗ってもらいましたが・・・すぐ取れる!!!

結果、すぐ痛み出す!

 

みなさんも知覚過敏にならないよう、日頃から歯茎には気をつけてください。

歯茎が下がる原因はいろいろありますが、「歯磨きでの力の入れすぎ」が結構多いようなので、歯磨きするときには注意しましょう。

シュミテクトだけが救い

 

コマーシャルでよく見るシュミテクトですが、知覚過敏には本当に効いてくれます。

 

染みる部分をシュミテクトがコーティングしてくれてるのか、単純に俺の痛覚が鈍ってきたのかは分かりません。

ただ、明らかに何も付けてない時よりはマシになってる感じがします。

 

とはいえ全く痛まないわけではなく、今でも普通に痛いです。

薬局で普通に買えますが、過度な期待はしないようにしてくださいね。

緊張性頭痛が意外ときつかった

俺は医者でもなんでもないので、関連があると断言はできませんが、おそらく知覚過敏が原因で一時期頭痛がひどかったです。

 

知覚過敏が頭痛の原因となるのは、噛むバランスに理由があります。

 

食べ物を食べる時って左右の歯でバランスよく噛みますよね。

でも、知覚過敏になって片方の歯が痛むと、もう片方の歯でばかり噛むようになります。

 

これが原因で、筋肉の使用量に差が出てしまうよう。

筋肉の差がなんかこう悪い感じに影響して、頭痛に繋がるみたいです。

 

これを「緊張性頭痛」と言います(多分)。

これが本当につらかったです。

 

知覚過敏は冷たいものを食べた時など、一時的な痛みでしたが、緊張性頭痛は長時間続くので日常にめちゃくちゃ悪影響を与えてきます。

 

右目あたりがずっとズキズキするってすごいストレスですよ。

まあぶっちゃけ「右目が疼くごっこ」ができるのはちょっと楽しかったです。

でも2度と味わいたくないですね。

 

緊張性頭痛は、痛みを我慢して歯の両側で噛むようにしたらすぐ治りました。

原因の分からない頭痛に悩まされてる人は、一回噛むバランスを見直してみると治る・・・かも!

逆に健康に良い気はしてる

知覚過敏に染みるものって

・冷たいもの
・熱いもの
・甘いもの

なので、このあたりを避けるようにしてます。

 

・・・これってすごく体に良いことじゃないですか?

 

冷たい、熱いものって体に良くないっていいますし、甘いものは糖分が多い。

それを避けざるをえない状況って、逆に考えれば「どうやっても体に良い状況」だと思うんですよ。

 

そう考えると、知覚過敏も意外と悪いものじゃない・・・?

 

とはいえ痛いものは痛い、もし知覚過敏の治し方を知ってる人がいたら教えてください。

 

ということで、歯の痛みに悩まされてるオタクの知覚過敏への注意喚起でした。

バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました