【緋色の弾丸感想】コナンかっこよかった!!!(小並感)

アニメ

アイキャッチ引用元:名探偵コナン映画HP

 

こんにちは、真夜です。

 

コナンの劇場版第24作『緋色の弾丸』を、昨日4/24に見てきました!

バイトがあったので夜遅い時間の上映になりましたが、それでもほぼ満席でコナンの人気を実感できました。

 

『なんでこんな時期に』と思われるかもしれませんが、今日行かないと映画館休みになっちゃうんです・・・。

 

映画館の休業直前にギリギリで見れたので、この記事ではネタバレも含めて感想を語っていこうと思います!

 

爆発がない・・・だと!?

最初は15年前の事件の場面から始まりましたね。

それも終わってリニアの解説に入り、園子のお父さんが攫われました。

 

ここまで爆発がない・・・だと!?

 

コナンの映画って割と最初の方に大爆発して事件が始まる印象があるので、アクシデントが停電しかないのは驚きでした。

 

停電明けに園子のお父さんがさらわれて少年探偵団が探し始めますが・・・。

すげえな元太。見直したぞ。

 

そしてその後すぐに園子のお父さんが発見されて一安心。

でも発見がもうちょい遅れてたら絶対やばかったよね?

殺す気ないって言いながら冷凍庫に人いれないよね?

 

そのあたりも含めて元太グッジョブでした。


 

正直赤井ファミリーを全然知らない

お恥ずかしながら、アニメ本編を最近全く見ていないのです。

世良さんが登場回あたりまでは見ていた記憶があるのですが、そこからがちょっと曖昧です。

 

っていうか、沖矢昴の登場回見逃した気がするんですよね。

それに赤井さんがスパイっぽい人に頭を撃たれたところを見て、『なんで生きてたのか』を見てないのでその辺りの情報がぐっちゃぐちゃです。

 

とはいえ世良さんと赤井さんについてなんとなく分かります。

残り二人が全く分からねえ。

 

秀吉?メアリー?誰?って感じで見てました。

最初に丁寧にファミリーの解説をしてくれて本当にありがたかったです。

 

今回の映画見て、『本編追っかけよ』と決めました。

本編見てないのに説得力ないかもですが、コナンは子供の頃から大好きなアニメなんでね。

そろそろ本編追いかけてちゃんと追いつけるようにしたいです。


 

クエンチ!!!

おそらく今回の劇場版見た人の頭に一番強く刻まれた言葉。

クエンチ!!!!!!!

 

イメージ付きで灰原が解説してくれたので、分かりやすかったです。

流石のコナンもクエンチまでは知らなかったみたいですね。

 

こういう『あまり知られていないけど確かに存在する知識』をトリックに使ってくれると、見聞が広まった気がしてなんだか得した気分になります

 

そしてこの病院でのクエンチ事件の後に赤井ファミリーの4分の3が集結!

メアリーさんめっちゃ強くない?赤井さんより上って相当でしょ。

 

本編見てないので確信は持てませんでしたが、赤井=沖矢ってのをあの二人は知らないんですね。

 

世良さんが赤井秀一を探してることだけは知ってるので、赤井=沖矢だと分かった時に世良さんがコナンをどうするのか楽しみです。

 

赤井ファミリー残りの1人である秀吉は将棋の名人なんですね。

しかもコナンシリーズによく出てくる婦警さんと付き合ってるみたい。

あー、本編見ておけば良かった!

 

メアリーと世良さんの関係とか、秀吉の人柄とかまじで分からないまま見てたので、このあたりは本編見た後にまた見返したいです。

 

コナンの行動力に驚き

アラン会長がリニアの中にいるかも!というだけでリニアに乗り込むコナンと世良さん。

いや行動力半端ねえな!

もし違ってたらマジでどうしてたんだよ!

 

とはいえそこは名探偵コナン、ちゃんと推理通りでしたね。

俺は最初から信じてましたよ、だってコナンだもの。

 

世良さんも言ってましたが、コナンの腕時計まじで便利。

一個欲しいです。

 

あと、世良さんに『僕たちは』って言われて『新一兄ちゃんがね!』って言ってるコナンが可愛かったです。

 

そしてなんと言っても赤井さんの弾丸すげえな。

銃弾撃ってから長い間着弾しなかったので『どこに撃ったんだろう』と思ってましたが、まさかあんな風になるとは。

 

赤井さんの射撃の腕も、コナンの計画も両方やべえよ、なにもんだよあいつら・・・。

 

 

最後はハラハラの展開!

リニアの暴走×犯人のカーチェイスのシーン!

 

全員かっけえ!

秀吉さんの活躍はどのあたりだろうと思ってましたが、まさか車で詰将棋してくるとは思いませんでした。

ちなみにFBIの登場回も見逃してるので、いまいち誰が誰だが分かってません☆

 

でも犯人から離れて再合流するたびに『なんで!?』ってなってるFBIの人たちは面白かったです。

 

リニアの方もすごかった。

っていうかあの状況でコナンも世良さんもよく落ち着いてられますよね。

 

覚悟の決め方が違うんでしょうか。

それともくぐり抜けてきた修羅場の数ですかね。

俺なら泣き喚きながら神に祈ってるよ・・・。

 

そしてピンチのピンチの連続というところに、まさかの少年探偵団からのヒント。

その活かし方に蘭も気づくあたり、小五郎の娘なんだなって感じでした。

 

パラシュートとコナンのボールクッションのおかげでコナンも世良さんも無事でしたが、あれでなんとかなるレベルなんでしょうか。

 

もしかして落下角度から速度まで、全てコナンは計算していた・・・?

コナンならやりかねないですよね。

 

灰原が可愛かった

ここまであまり触れていませんでしたが、映画全部通して灰原が可愛かったです。

なにかあっても灰原さえいればなんとかなる感がすごい。

 

コナンが灰原より先に蘭に連絡を入れてちょっと拗ねるところはめちゃくちゃ可愛かったです。

あと蘭に東京に帰るよう言われた時に『子供だから』という理由で無理というシーンもおもしろいし可愛かったです。

 

他にもたくさんあるのですが、今まで書いた映画の感想と同じくらいの長さをずっと書いてしまいそうなのでこのあたりにしておきます。

 

あれ、俺ってもしかして灰原のこと大好きなのでは・・・?

 

【感想まとめ】1年待った甲斐があった!

コロナの影響で本来の公開日から1年ほどずれてしまいましたが、待った甲斐はありました。

コナンの推理、赤井ファミリーの活躍、灰原の可愛さ。

 

そういえば今回は何か物足りないと思っていましたが、蘭のピンチがなかったんですね。

主にコナンと世良さんの命の危機しかなかった。

 

物足りなさと同時にちょっとした新鮮さがあったので、それはそれでよし!!!

 

推理もテンポよく進み、解決したと思ったらまた新しい事件が!という感じで退屈することがなく、あっという間に時間が過ぎていきました。

 

コナンからFBIの面々までみんなかっこよくて、非常に面白い映画でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました